ごあいさつ

院長 島峰 聡

病院長 島峰 聡

私たちは、昭和48年開設以来「心の通う、温もりのある医療」という理念の下、地域の皆さまに高水準で安心・安全な医療をご提供できるよう邁進してまいりました。

医療の技術面はもちろんですが、不安を抱えて来院される患者さまの気持ちにたって考え、できるだけ安心してご納得いただいた上で治療に臨んで頂けるような説明をするぬくもりのある医療の提供を志しております。
そのためにも当院職員には、『患者さまの心を察する習慣』『一歩先を読む習慣』、この2つを実践するよう徹底して指導しております。

さらに、総合病院の強みを活かし様々な医療のプロによる連携体制で患者さまお一人おひとりを丁寧にケアしていくことをとても大切にしております。そして、患者さまが1日も早く健康を取り戻し病院を笑顔であとにされることが、私どものなによりの希望であり、最大の使命でもあります。

また、近年の予防医学推進の世相を踏まえ、当院でも様々なドックを実施しております。決して現状に驕ることなく、日進月歩の医療を可能な限り取り入れ、常に前進の姿勢で皆さまにご満足いただける病院へと成長させていく所存です。

今後も「愛し愛されるIMS(イムス)」をめざすスピリッツは変わることなく、IMS(イムス)グループメンバーとして地域に寄り添った医療を提供できるよう精進してまいります。

引き続き、ご支援賜りますようお願い申し上げます。

看護部長 片山 美帆

看護部長 片山 美帆

私たちの看護という仕事は、専門職として患者さまの人生の一部に関わらせて頂く職業です。
常々「高中で看護をしてもらってよかった」と思って頂ける看護部であるためにはどうしたらよいだろうかと考えています。
そのためにも、―「愛し愛される病院」で常に笑顔で、思いやりのある看護を提供する-という看護部理念に沿って看護を捉え、真摯に患者さまと向き合っていくよう指導しております。

その一つとして、「もし自分の家族だったらどうだろうか…」という視点や「患者さまらしくあるためにはどうすればよいのか…」と一人ひとりの患者さまに関心をもって関わらせて頂くよう伝えています。そうすることで、私たちの行う看護が患者さまとご家族の身体にも心にも届くことが一番の願いであり、やりがいです。

このような看護を提供できる人材を育成するためにも、教育には特に力をいれています。
当院では《固定チームナーシング》という看護方式を取り入れ、チームを組んで看護にあたっております。
新人・ベテランが1つのチームになることで互いにサポートし合える環境ができ、個々の成長にもつながります。また、IMSグループというスケールメリットを活かした充実の教育体制もあり、患者さまに思いやりのある看護を提供できる看護師を1人でも多く育てることができるよう尽力しております。

今後も、緑に恵まれたこの土地で急性期病院としての使命を理解しながら地域貢献と、思いやりのある看護が提供できるよう研鑚してまいります。

病院紹介

〒175-0082 東京都板橋区高島平1-73-1
電話番号
03-3936-7451(代表)
FAX番号
03-3937-7314

病院までのルート検索

都営三田線西台駅下車徒歩5分