眼科

外来診療日時を拡大いたしました。また、手術・入院の受け入れも可能になりました。

目は体のほんの一部の小さな臓器ですが、ちょっとした症状より全身疾患や感染症、脳の病気などを発見する事ができます。 ちょっとした症状だから…と放っておかず、気軽にご相談にいらしてください。原因や対処法を、詳しくご説明いたします。

こんな症状はありませんか?

  • 目が赤い
  • メヤニが出る
  • 目がゴロゴロする
  • なみだが出る
  • 目がかすむ
  • 見えにくい
  • 黒いものが見える
  • 物がゆがんで見える
  • 物が2つに見える

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

夜間・休日診療のご案内

2019年11月1日からの外来担当医表(PDF版のダウンロード)

[受付]外来受付4

女性医師

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前

伊東 和香子

伊東 和香子

伊東 和香子

伊東 和香子

百瀬 あゆみ

担当医

第1・3・5週 
新井 淑子
第2・4週  
長野 瑛里子

午後

伊東 和香子

午後の受付時間
(初診)16:30迄
(再診)16:45迄

伊東 和香子

午後の受付時間
(初診)16:30迄
(再診)16:45迄

伊東 和香子

午後の受付時間
(初診)16:30迄
(再診)16:45迄

伊東 和香子

午後の受付時間
(初診)16:30迄
(再診)16:45迄

山岡 正卓

夜間

対象とする主な病気・症状

  • 飛蚊症
  • 結膜炎
  • 近視・遠視・乱視(屈折異常)・老眼
  • 斜視・弱視
  • 麦粒腫・霰粒腫

実施している検査・治療方法

基本的な視力検査などはもちろん、日本の3大疾患を詳細に精査できる最新の医療機器(OCT)を導入しました。この機器では、目の奥の網膜などの断層面の観察ができ、緑内障や黄斑疾患などの目の疾患の早期発見や精密な検査が可能です。

視力、屈折検査 視力に変化がないかを確認し、屈折の程度も調べます。
眼圧検査 目の硬さを測定します。
精密細隙間灯検査 顕微鏡で目の表面〜内部を観察します。眼科の最も基本的な検査です
眼底検査 目の中を光で照らして網膜や硝子体の様子を調べます。眼科の奥の網膜・血管視神経を観察することで緑内障や眼底出血などの病気を発見することが出来ます。
視野検査 見える範囲や感度を調べる検査です。
その他 眼底カメラ撮影、眼筋機能、両眼視機能測定、色覚検査、涙液検査、立体視検査など

※病状や各種検査結果より、医師が必要と判断した場合には、散瞳剤を用いた精密眼底検査を行うことがあります。
散瞳剤を点眼して瞳孔を広げると約半日は全体的にぼんやりした見え方になりますので、自動車での運転や細かい文字を読むことに支障がでます。
受診される方は、なるべく電車やバスをご利用下さい。
飛蚊症や視力低下を自覚されている方や白内障の検査をご希望の方は、外来で眼底検査を行う可能性が高いですので特にご注意下さい。

白内障

世界では失明原因トップ!? 白内障ってこんな病気。

世界では失明原因のトップとされていますが、白内障による国内での失明率は3%。それも、症状を放置した結果です。
セルフチェックの結果もふまえ、少しでも気になることがある方はまずは眼科のご受診をおすすめします。

あなたは大丈夫? 白内障セルフチェック

  • □ 目が見にくく、不自由を感じる
  • □ 左右の目の見え方の差が大きい
  • □ 明るい場所や日差しの強い場所にいると、異常にまぶしく感じる
  • □ 目がかすんで見えにくい(霧がかったように見える)
  • □ 片目で見たときに、モノがダブって見える(二重、三重に見える)
  • □ 近くのモノが見えやすくなった(老眼鏡が不要になった)
  • □ 眼鏡を替えても見にくい
  • □ 自動車の免許更新が行えなかった(免許所有者のみ)
  • □ 見え方に異常はあるが、目の痛みや充血はない
  • □ 50歳以上である

2~3つ以上当てはまる場合は、白内障の可能性があります。眼科受診することをおすすめします。

白内障ってどんな病気?

人の瞳をカメラに例えると、レンズに相当する“水晶体”と呼ばれる部分が白く濁って視力が低下する病気です。

白内障の原因は?

白内障の原因は様々ですが、最も多いのは「加齢」です。個人差はありますが、誰でも年齢を重ねると共に水晶体は濁ってきます。自覚症状はない場合が多く、早い方では40代から発症し80歳以上の発症率はほぼ100%とされています。

最近では、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの合併症として若い人の発症も増えています。まだその数は少ないものの先天性の白内障もあり、子どもでも手術をする場合があります。

どんな治療があるの?

症状によって医師の判断の下、的確な治療を進めていきます。

薬物治療日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬などにより白内障の進行を遅らせます。あくまで進行を遅らせるものであり、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。
手術

白内障によって濁った水晶体を取り除き、代わりとなる眼内レンズ(人工水晶体)に置き換える手術を行います。濁った水晶体を超音波で分割、取り除き、眼内レンズを挿入します。傷口が小さく安全性が高い手術です。

手術には入院は必須ではありませんが、手術の日は片眼に眼帯をしたまま家に帰らなければならない点や、次の日に必ず来院しなければ行けない点を考えると1泊2日での手術・入院がおすすめしております。

所属医師

伊東 和香子 (イトウ ワカコ)

眼科

専門分野 眼科一般
略歴 東海大学 平成23年卒
資格 日本眼科学会眼科専門医

診療科・専門外来

〒175-0082 東京都板橋区高島平1-73-1
電話番号
03-3936-7451(代表)
FAX番号
03-3937-7314

病院までのルート検索

都営三田線西台駅下車徒歩5分