整形外科

スポーツ整形・脊椎外科・関節外科の3本柱で高度な医療を提供最新の診療機器を取り揃え、質の高い医療をご提供できるようになりました。

当科では骨折を中心とした外傷性疾患を中心に、さまざまな整形外科的疾患の診療をしております。また、早期の機能回復や社会復帰をめざし、手術直後からのリハビリテーションにも取り組んでいます。
整形外科的疾患でお困りのことがございましたら、お気軽にいらしてください。

こんな症状ありませんか?

  • 骨折・脱臼・捻挫・打ち身
  • 腰痛(ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症など足のしびれ、足の痛み「坐骨神経痛」など)
  • ひざの痛み(変形性膝関節症)
  • 肩の痛み、運動制限(五十肩など)
  • 肩の凝り
  • くびの痛み、うでや手のしびれ(頚椎椎間板ヘルニアなど)
  • 肘の痛み
  • 手の痛み、こわばり(腱鞘炎、リウマチ)
  • 手のしびれ(神経痛など)
  • もものつけねの痛み(変形性股関節症など)
  • 足のしびれ(神経痛など)
  • スポーツによるケガ(膝関節靭帯損傷、足関節靭帯損傷、つき指など)

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

担当医表

夜間・休日診療のご案内

2019年11月1日からの外来担当医表(PDF版のダウンロード)

[受付]外来受付3

すべて予約優先

女性医師

▼ この表は横にスワイプ(スライド)できます

午前

齊藤 計太

阿部 瑞洋

担当医

田中 寛来

診療開始 9:30~

元島 清香

スポーツ整形

岩本 直之

脊椎外来

福田 宗弘

安中 正法

吉原 有俊

早川 恵司

脊椎外来

日山 鐘浩

装具外来

9:00~12:00
第1・3週のみ

齊藤 計太

石井 秀明

安中 正法

田中 紗代

第1・2・3週のみ

島峰 聡

渡辺 正紀

安中 正法

担当医①

※1

担当医②

※1

藤井 俊一

午後

岩本 直之

脊椎外来

福田 宗弘

島峰 聡

可知 芳則

スポーツ整形

早川 恵司

脊椎外来

島峰 聡

可知 芳則

スポーツ整形

担当医

装具外来

14:00~16:00

元島 清香

スポーツ整形

日山 鐘浩

角田 佳彦

及川 久之

関節外来
診察15:00〜
第2・3・4・5週のみ

担当医

第1週のみ

阿部 瑞洋

石井 秀明

担当医

田中 紗代

小谷 明弘

可知 芳則

スポーツ整形

装具外来

14:00~16:00

夜間

担当医

担当医

担当医

担当医

担当医

※1 土曜日午前・担当医①②

第1週⇒岩本/石井
第2週⇒元島/秋山
第3週⇒阿部/宮坂
第4週⇒島峰/松下/担当医
第5週⇒島峰/安中

対象とする主な病気・症状

外傷
骨折、脱臼、靭帯損傷、腱損傷、スポーツ外傷、神経損傷、偽関節など
関節疾患
変形性関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死など
脊椎脊髄疾患
変形性脊椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎骨粗鬆症など

実施している検査・治療方法

関節鏡視下手術 膝関節(半月板切除、靭帯再建術など)や肩関節疾患(腱板修復、関節唇縫合術など)
人工関節置換術 変形性股関節症、変形性膝関節症、関節リウマチ等に適応
人工関節置換術
脊椎外科 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症等を対象とした、
「MED:内視鏡下椎間板摘出術または除圧術」
「PELD:経皮的内視鏡下椎間板摘出術」
腰椎不安定症、腰椎椎間板症、椎間板変性症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変性側弯症 等を対象とした、「XLIF:低侵襲腰椎前方椎体間固定術」
スポーツ整形外科 整形外科的スポーツ障害・外傷全般、ドーピングに関する質問

スポーツメディカルセンター

骨粗鬆症 骨塩定量(DEXA法)
クリティカルパス導入による診断の効率化 大腿骨頚部骨折、人工関節置換術、抜釘など

人工関節置換術

人工膝関節手術をお考えの方へ

あなた専用の手術器械でより正確な手術が可能になりました。

骨の形は一人ひとり違うため、従来の人工膝関節手術には何種類もの手術器械が必要となりますが、CTやMRIを撮影し 患者さんの骨の形に合った専用の器械を作ることで、より身体への負担が少ない手術が可能です。

ここがポイント

最小侵襲(MIS)、手術時間短縮
使用する手術器械が少ないため、より小さな切開、より短い時間で手術が可能
正確な手術
あなた専用の器械を使用することで、より正確な手術が可能

脊椎低侵襲手術のご案内

背中の痛みですか?「傷口が小さい」「入院期間が短い」そんな負担の少ない手術を検討してみませんか?

厚生労働省の調査(平成22年国民生活基礎調査)によれば、女性の11.8%、男性の8.9%が「腰痛」を訴えているとされ、まさに国民病の一つです。主な原因に、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの脊椎疾患があります。近年は身体への負担が少ない手術が次々と考案され、注目されております。当院でも、「傷口が小さい」・「入院期間が短い」、そして「健康保険が適応」となる、「体への負担の少ない手術」を行なっておりますので、「一日も早く仕事や家事・スポーツなどの社会生活に復帰したい」「痛みが長引いて困っている」「再発を繰り返す」など、腰痛にお困りの方は当院の整形外科の脊椎外来をご受診ください。

傷口が小さい・短期入院で出来る

かつて脊椎(背中や腰など)の手術は、脊髄を傷つけないよう、皮膚を広く切開して筋肉を剥がし、椎骨も大きめに削って、直視下で行うのが一般的でした。しかし悪い箇所は除去できても、剥がした筋肉が委縮して痛む、背骨がグラつく、などのデメリットがあり、その場合は背骨を金具で固定する手術も必要になってしまいます。当院での低侵襲手術(体への負担の少ない手術)は、脊髄は無論のこと、正常な骨や筋肉、靱帯などを極力温存するために考案された手術です。当院での低侵襲手術はいずれも健康保険が適用されます。是非とも当院の脊椎外来をご受診ください。

  • MED:内視鏡下椎間板摘出術または除圧術
  • PELD:経皮的内視鏡下椎間板摘出術
  • XLIF:低侵襲腰椎前方椎体間固定術

受診方法

整形外科の脊椎外来をご受診ください。
※予約制ではございません
※他院でおかかりの方は、かかりつけの先生からの紹介状をご持参してください。

脊椎センター

骨塩定量(DEXA法)

あなたの骨は大丈夫ですか?

骨粗鬆症とは・・・

長年の生活習慣などによって骨がスカスカになり骨折しやすくなる状態です。特に女性では閉経後5年間で急激な骨量減少が起こるといわれています。

当院で骨密度を測定できます。

骨折リスクの高い腰椎と股関節での検査です。DEXA法という手法により正確な検査結果が得られます

最も大切なのは早期発見による予防です。骨密度を測定し、骨の健康チェックをしましょう!!ご興味のある方は整形外来受付までご相談下さい。

関節外科

変形性膝関節症・変形性股関節症

関節は骨と、そのあいだにある軟骨、そして関節の周りに靭帯や筋肉から成り立ってい ます。関節の軟骨が、加齢や怪我による軟骨 損傷、また関節リウマチによって擦り減って いくことで、変形性膝関節症や変形性股関節 症などを発症します。変形性関節症に対して は、薬での治療やリハビリをメインに行ないますが、改善しない場合は手術治療も選択 肢となります。

代表的な手術治療としては、関節内で痛 みの原因となっている部分を削り、関節の向 きを矯正したり、残っている関節軟骨が荷重 部にくるように修正したりする手術や、関節 を金属やセラミックとポリエチレンの人工物 に置き換える人工関節置換術があります。それぞれの患者さんにとってどのような治療が 最適かは年齢や症状、関節の状態などから 判断し、患者さんと相談のうえ実施いたします。

人工膝関節単顆置換術(UKA)・人工膝関節全置換術(TKA)

「人工関節置換術はすり減った関節の表面を削って金具をかぶせる方法です。よく例えられるのが虫歯の治療で、「虫歯を削って、銀歯をかぶせる」といったイメージです。

すり減った関節が「内側だけ」もしくは「外 側だけ」の場合は、その部分のみを人工関節 に替える方法が人工膝関単顆置換術です。そ れに対して人工膝関節全置換術は、膝全体の すり減りと変形が進行している方に適応され ます。「部分入れ歯がUKAで、総入れ歯がTKA。」 だとイメージが付きやすいと思います。

手術をすることによって痛みが大幅に軽減 し、関節の動きがスムーズになるため、関節 痛に悩む患者さんのQOL(生活の質)の向上 につながっていきます。お悩みの症状やご質問がありましたら是 非お気軽に当外来へご相談ください。その 関節のつらい痛み、一緒に治療していきましょう。

所属医師

院長
島峰 聡 (シマミネ サトシ)

整形外科

専門分野 整形外科一般
略歴 東海大学 昭和61年卒
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本医師会認定健康スポーツ医
身体障害者福祉法第15条指定医(肢体不自由)
難病指定医
その他 日本整形外科学会研修指導者講習会受講

スポーツメデイカルセンター長
元島 清香 (モトジマ サヤカ)

整形外科、スポーツ整形外来

専門分野 スポーツ整形
略歴 日本大学 平成9年卒
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
その他 2012年 ロンドン五輪 水泳競技帯同ドクター
2014年 仁川アジア大会 水泳競技帯同ドクター
2017年 世界水泳ブダペスト 水泳競技帯同ドクター

医長・脊椎センター長
早川 恵司 (ハヤカワ ケイジ)

整形外科

専門分野 脊椎外科、整形外科一般
略歴 帝京大学 平成12年卒
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
麻酔科標榜医
日本医師会認定産業医
難病指定医

部長
齊藤 計太 (サイトウ ケイタ)

整形外科

専門分野 整形外科一般
略歴 千葉大学 平成13年卒
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本形成外科学会形成外科専門医

可知 芳則 (カチ ヨシノリ)

整形外科、スポーツ整形外来

専門分野 スポーツ整形
略歴 千葉大学 平成12年卒
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
その他 Tornier Reversed Shoulder Arthhroplasty Training
2014年 仁川アジア大会 野球競技チームドクター
2015年 WBSCプレミア12野球日本代表チームドクター
2017年 WBC日本代表チームドクター

医長
阿部 瑞洋 (アベ ミズヒロ)

整形外科

専門分野 関節外科(膝・股関節)
略歴 日本大学 平成14年卒
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会リウマチ医
日本整形外科学会スポーツ医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医

医長
岩本 直之 (イワモト ナオユキ)

整形外科

専門分野 脊椎外科
略歴 金沢大学 平成16年卒
資格 日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
難病指定医
その他 医学博士
日本mist研究会

安中 正法 (ヤスナカ マサノリ)

整形外科

専門分野 整形外科一般
略歴 熊本大学 平成10年卒
資格 日本整形外科学会整形外科専門医

福田 宗弘 (フクダ ムネヒロ)

整形外科

専門分野 整形外科一般
略歴 日本大学 平成25年卒

手術実績〈平成30年度〉

手術名 件数
骨折観血的手術(大腿) 144
骨折観血的手術(その他) 224
人工骨頭挿入術(股) 94
人工骨頭挿入術(肩) 4
人工関節置換術(膝) 63
人工関節置換術(股) 51
膝関節鏡下手術(前十字靭帯再建を除く) 42
関節鏡下靱帯断裂形成手術(前十字靱帯) 22
関節鏡下肩腱板断裂手術 10
関節鏡下肩関節唇形成術 8
鏡視下手術(肘) 4
アキレス腱断裂手術 14
骨内異物除去(抜釘術) 138
脊椎手術 椎弓形成術 16
頚椎固定術 8
椎弓切除術 42
椎間板ヘルニア切除術 10
胸腰椎固定術 37
脊椎前方後方固定術(XLIF) 1
経皮的椎体形成術 16
経皮的椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア) 2
内視鏡 内視鏡下椎弓切除術(MEL) 4
内視鏡下椎間板摘出術(MED) 1
経皮的鏡視下ヘルニア切除術(PED) 10
その他 10
その他 119
1,094

診療科・専門外来

〒175-0082 東京都板橋区高島平1-73-1
電話番号
03-3936-7451(代表)
FAX番号
03-3937-7314

病院までのルート検索

都営三田線西台駅下車徒歩5分